ファミリーステレオ
ついに我が家にやってきました。
久々の大物?!

もう、置き場所がないから家具はいらないと思っておりましたが、、、、、
話を聞いてしまったら、私が引き取らなくてどうする?みたいな感じで、
我が家に連れて帰ってきてしまいました。

TOSHIBA ファミリーステレオ君です。
f0088022_2344492.jpg

(我が家は夜になると裸電球一つなので暗いです、ピンボケですみません)

これまたちょこっと調べただけですが、、、
各家電メーカーからこの手のステレオが発売されたのが1960年前後のようです。
そして1970年代には今のようなセパレートタイプのステレオが主流になっていたようです。
なので、このステレオは私とほぼ同じ頃に生まれたようです。

当時、我が家に、こんな家具調のステレオはありませんでした。
さすがに私も実物を手にするのは初めてです。
ステレオの中は分解してませんが、たぶんこの時代なら真空管が使われているものと
思われます。

ラジオは故障してますが、電源を入れると、ちゃんとレコードが聴けます。
f0088022_2315140.jpg

一緒にかなり聞き込んであるLPレコードも貰ってきました。
その中に、かなり気になる1枚を発見。
f0088022_23162938.jpg

イケてる写真のジャケットは演奏も良い!という、法則通り、
決してよい状態ではありませんが、トランペットの名演奏が聴こえてきました。
それもそのはず、我が愛する「カウント・ベイシー楽団」の第一次黄金時代を支えた
メンバーの一人、名トランペッター「バック・クレイトン」などの名曲集ではありませんか。

発売当時の似たような機種のカタログは発見できたのですが、
カタログではスピーカー出力が5Wとか、、、非常に非力です。
我が家のJBLは120Wぐらいあるのではないでしょうか、、、。
なのに、結構な音量でどこか懐かしい音が鳴り出しました。

たぶん、CD化されていないので、生涯のお宝です。

新しいモノより、古いモノに感動してしまう、時代逆行人なのでした。

この古い家具調ステレオは、昭和レトロの我が家でもかなりのインパクトがありましたが、
実は、このステレオのおまけで、ついでに頂いたものが、我が家にとって
最大級のインパクトをあたえてくれました。

破壊級の、その予想外インパクトとなる出来事に私は狼狽気味です。
その話はまたの機会に。
[PR]
by kouboufu | 2011-03-01 23:00 | 古きモノ
<< 真空管? 空き瓶コレクター! >>