バラとソフトフォーカス
夏が近づきつつあることを感じさせてくれる季節になりました。
時折、まぶしい光に目を細めることも増えてきましたね。

光と影。
人間は意識しなくても眩しい光に照らされる場所も、日の当たらない陰も
良いあんばいに調節してくれる。
だからそつなく普通にキレイに物事がみえます。

カメラは光の取り込み具合を調節出来るので、必要以上にに取り込んで明るくハイキーにしたり、
わざと涙目のようにピントを甘くすることも自由自在。
いつもは足早に、みんなが通り過ぎてしまうような隅っこや
あまり見上げない、花のトンネルの天井の隙間などに目を凝らすと
非現実的な空間がファインダーの中に突如として現れます。
そんな時はシャッターを切る前に良い写真が撮れることを確信します。

f0088022_23481842.jpg

花も山も海も、、、美しすぎて、本物には勝てない気がして、
ついつい、写真に収めるときはその場の一瞬の空気感や一筋の光が
時間が止まったかのように映り込む、やり過ぎソフトフォーカス?!に取りつかれています。
f0088022_2359613.jpg

f0088022_23595115.jpg


f0088022_004610.jpg

来年は大きなバラ園に行ってちゃんと撮影してみたいです。
[PR]
by kouboufu | 2016-05-23 23:15 | ひとり言
<< Instagramに夢中 バラの小径 >>