カテゴリ:草花( 25 )
ソフトフォーカス
普通、カメラのレンズはよりよく正確に被写体を写し出すために
心血を注いで作られるわけでありますが、、、
私がハマったのは真逆のソフトフォーカス。

簡単にいえば、わざわざピンボケにしちゃったものです。
紗がかかったと言えばよいのでしょうか。
最近はデジタル処理だったり、簡単なフィルターでソフトフォーカス感を演出しておりますが、
私が好きなのはあくまでもソフトフォーカスレンズで写したもの。
まったく別物です。

うまく使えば、光や空気が滲んだような独特の世界観が表現できます。

f0088022_2339165.jpg


ハマっていたのは30年も前。
ニコンやキャノンではなく、今でもペンタックスを使っているのは
このソフトフォーカスレンズに惚れ込んでいるから。
当時、何よりうれしかったのは、構造がシンプルなのでレンズの値段が安かったことでしょうか。
f0088022_23481462.jpg


花の写真は晴天より薄曇りのほうが光のまわり具合がよろしいので
天気が悪くて海や山に行くにはちょっと・・・という時に花を撮りに出かけていたようです。
f0088022_23534363.jpg


当時はフィルムでしたし、当時の私にとって何本も使うには高価でしたので
36枚のみの真剣勝負でした。
今はデジタルで何百枚でも写せるし、すぐに確認できるので
何だかやる気が出ませんでしたが、のんびり撮影の旅行も良さそうです。
[PR]
by kouboufu | 2015-05-28 23:16 | 草花
ゆりの香り
今年になってマイブームなのがユリの花。
先日植えた苗が立派に育ち、家に帰ると庭中、強烈なユリの香り。
f0088022_1405783.jpg

今まで花器に生けたユリの花で家中がユリの香りに包まれたことはあるけれど
庭中どころか、家に入っても外からユリの香りを楽しめるほどのその威力?に
ちょっと驚きました。

庭にオニユリを植えて3年目の夏かな?
f0088022_1461370.jpg

最初は一本だけだったのに、こちらは毎年、株が増えるし、大きくなるし、、、
一番大きく育ったのは脇に生えている百日紅の木なみに大きくなってしまったものだから
木々の中に蕾たちが頭を突っ込んでしまいましたので
仕方なく、百日紅の枝をだいぶ剪定してしまいました。

裏庭にあたる隣の敷地の竹やぶからは今年も山ユリが顔をのぞかせておりました。
なんでも昔はそこいら中に咲いていたそうですが、戦時中の食糧難で
ほとんど食べてしまったそう・・・・です。

この時期は軒下にハチが巣を作るので毎朝家の周りを一周するのが日課です。
(1週間ほど前には戸袋に大スズメバチが巣作りを開始していたので
 ちょっとあせりました)
今朝はちょっと足をのばして家のすぐ先の草むらをチェック。
時折、何だかよくわからない野草の花が咲いているのです。

今日は家の脇の木立の中にこんな花を発見。
f0088022_231345.jpg

ちょっとおどろおどろしいユリのような花。
でも葉っぱがユリには思えない正体不明の花。
美しい花だとすぐに調べがつくのですがこういうパッとしない地味な花は
山野草図鑑にも載っていなかったりして調べるのに時間がかかります。

やっと見つけたページには「うばゆり」との説明が、、、
なんでも縄文人もこのユリの根を好んで食べていたとか、
発芽してから花が咲くのに7~8年もかかるとか、、、
ちょっと地味だけど日本古来のユリだと知ると素敵に見えてきました(笑
[PR]
by kouboufu | 2008-07-30 02:26 | 草花
夏への憧れはユリにそそがれる
f0088022_019222.jpg

大好きな紫陽花の季節。
鎌倉の紫陽花めぐり散歩が好きだったけれど年々人が多くなり、
最近ではゆったり散歩というよりは人ごみをかき分けていくような感じでここ数年行っていない。

これでもか!と言うような園芸種の立派な紫陽花も花屋さんで愉しんでおしまい。
我が家で愉しむのは心底好きな、素朴な山紫陽花。
毎年違う紫陽花を一株植えて愉しんでます。
そんな紫陽花も終わり、これからはユリがキレイに咲きそうです。

基本的に小さく、控えめに咲く花が好き。
大きくても1~2センチ。
米粒ぐらいの花も好き。

・・・かなり偏った花好きなのですが、最近、なんだか無性に惹かれ庭に勢力拡大中なのが
ユリ。
夏が好きなのに山へ海へと行けなくなった分、夏への憧れのすべてが
ユリに注がれている感じ。
私にしてはありえないサイズの花。そして色彩。
f0088022_036664.jpg

この夏、一番に咲いたのは阿蘇の?やや小ぶりのスカシユリ?
春先の暖かい日差しとは違って真夏のギンギン、ギラギラの太陽光線に
負けないぐらいの花でないと釣り合わないのかな。

今年の春先、庭の雑草の中に見慣れぬ一枚葉の若葉があちらこちらから
スクッと出てきました。その数、約100本近く。
雑草とは思えないし、でもそんな種蒔いた覚えはないし、、、、
ずっと不思議に思っていたら、、、、3年経って大きな株になったヤマユリが落とした種が
春になって芽を出したものでした。
その後繁殖力の強いフジバカマとミソハギに蹴散らされほとんどが埋もれてしまいました。
来年は何処かにちゃんと植えなおしてあげようと思います。
[PR]
by kouboufu | 2008-07-02 00:23 | 草花
雑草パラダイス
のんびり、つかの間の昼寝をしたかったのですが、オープンに向けて落ち着かず、
草むしりに精を出すことにした。

私の中で田舎暮らし⇒イコール⇒草むしりという構図が完全に出来上がりました。
今週は忙しいのでちょっととか、体調が悪いのでしばらく勘弁してもらえませんか?
などという言い訳は聞いてもらえるはずもなく、、、、雑草は日々成長しまくります。
あまりにも大きく成長してしまうと自慢の火炎噴射機も効かなくなってしまい、往生します。
f0088022_0234164.jpg

しばらく草むしり出来なかったので、見事に成長なされて庭中、雑草の花盛りでした。
もうこうなるとタネがばらまかれ、抜いても、抜いても、翌日には新しい芽が
伸びてくる最悪の状況です。
草むしりの達人のお婆ちゃんがいたら、「花が咲く前に抜かないとね」と、言われるところです。
ところが、もともと小さな花なら何でも好きな私。
よくよく眺めて見たらどれも可愛い花に見えるではありませんか(笑)
カメラを持ち出して、思いっきりクローズアップ。
f0088022_0272823.jpg

ありゃ?これなんか、大好きな忘れな草そっくり。
f0088022_030355.jpg

ありゃ、これはちょっとスゴいやねぇ~、なんて感じで
しんどい草むしりがちょっぴり楽しい時間に早変わり。

我が家の庭に雑草が元気にはびこる原因が一つあります。
山野草のミニ庭園を作ろうして腐葉土や肥料や土壌改良剤をばらまいて
よく耕したまでは良かったのですが、、、、それから先が進まず、
何も植えていないので、栄養満点、陽当たり上等という、雑草パラダイスなのです。
f0088022_0533821.jpg

・・・しばらく草むしりしていたら、今度は疑問が沸々と湧いてきたのでした。
日影、日向、ドロドロ、乾燥地帯、石ころだらけ、、、、などなど
ちょっとした環境の違いで植生がまるで違う。
ちゃんと住み分けている雑草たちなのですが、、、
私が引っこ抜くでも、途中で枯れるふうでもないのに最初から棲み分けている草たち。
私にはそれほど違いがあるとは思えないのですが、適した環境でないと
タネが発芽しないのでせうか???
今日は大きな疑問に突き当たってしまいました。

う~む。この忙しい時期にも何とものんきな考え事で頭が一杯な私なのでした。
[PR]
by kouboufu | 2007-04-27 00:58 | 草花
春の花たち
先日、野の花を探しに近所の山々を歩いたのですが、工房の庭もいつの間にか
花々でにぎやかになってきました♪
コブシやモクレン、コデマリ、ドウダンツツジなどなど。

f0088022_1111351.jpg

そして、去年植えた草花がまた、何ともいとおしい。
冬になって陰も形もなくなって、、、春の日差しが暖かくなってきても
一向に芽が出る気配が感じられず、絶えてしまったと早合点していたら
いつの間にか芽が出て、、、伸びてきて、、、
ふと、気が付くともう、花をつけている花たち。
ほとんど、世話らしい世話もしていないのに、今年も花をつけてくれたんだねと
思うと感慨深い。
わすれな草もタイツリソウも、、、沢山植えたシバザクラは一気に株が大きくなり、
見応えが出てきた。
家の回りを花だらけにするのが夢だったので、これから何年も掛けて
理想の庭にしたい。
まだ、理想の1~2%ぐらいしか出来ていません。
道のりは長そうですが、気長に完成お待ちくださいませ。

教室のある横浜では地植え出来ないので鉢植えばかりなのですが、、、。
最近、アシスタントのあっこさんもようやく、花々に興味を持ってくれるようになりました。
このところ、私よりも花々に水をやったり、メダカにえさをあげたり、、、熱心です。

f0088022_1173355.jpgf0088022_1175225.jpg








去年、初めて出会って恋をしてしまったモンタナという花ですが、ひと株で
さびしかったので先日探して白とピンクの苗を見つけてきました。
ところが、花が咲いたら、私が恋した花とはちょっと違う。
良く、比べれば、葉っぱも少し違う形状だ  (う~ん、間抜け)
今、すぐにでも恋したモンタナを探しに出たいところですが、
花屋さんは明日にならないと開かないので我慢します(泣)
[PR]
by kouboufu | 2007-04-18 01:30 | 草花
お散歩ハイキング♪
辛うじて動いているダメダメなパソコンとPhotoshopという、初めて使うソフト。
そしてちょっと足りない私という最悪の組み合わせで始まった、
工房ふうのDM用のハガキのデジタル入稿データ作り。
最初の目論みとはだいぶかけ離れた、至ってシンプルなデザインで良しとする。

作品作りより過酷だったDM作りにめどが立ったので、ようやく苦痛から解放された感じ。
頭痛が取り付いてしまった頭をスッキリさせに1年ぶりに裏山ハイキングに出掛けました。

遊ぶにも寝る時間を削るしかないので、こんな時しか出来ない早起き(笑)
まずは県道に沿って歩き、コンビニで食料を調達。
ハイキングコース入口は大規模な霊園なので墓地を横断する。
我が家より日当たり良いし、眺めも良いし、気持ちの良い所ではある。
今まで正式なコース入口がわからず、最初は獣道から歩き出し、道がなくなった所から
ヤブ漕ぎをして、突然現れたハイキングコースに合流するという、何ともワイルドな感じが?
好きなコースだったのですが、この度、ちゃんとした入口を発見しました。

まずは八重桜のお出迎え
f0088022_1538037.jpg

最近、山野草に興味を持ち始めてから山に行っても地面ばかり見て歩いてる感じ。
以前は本当にノホホンと歩いていて、特別には気にしなかった草花たち。
何でも興味があるか、ないかで、こうも見える世界が違ってくるのかな、という感じ。
ちょっと目を凝らして気をつけてみるとあちらこちらに色んな花々が。
名前がわかってくると益々楽しい感じです。
今回のお目当てはイカリソウ。
しかし、、、、去年あった大きな株は誰かに持って行かれ、、結局会えず仕舞い。
ガックリ。
その代わり見つけたのが一人静何とも言えぬ清楚な感じが大好きな花に巡り会えて
幸せなひとときでした。
f0088022_16113429.jpg

7~8㎞をたっぷり3時間掛けてお散歩ハイキング。
今日も誰とも会わずにコース貸し切り状態。みんなもっと高い山に行くのでしょうね。
今回一番のお気に入りの写真はタンポポのアップでした。
f0088022_16224337.jpg

何処にでも咲いてる花ですがマクロレンズでアップにしたら
クルリンと丸まった雌しべがとっても可愛く見えました。
(ありゃ、写真が小さいから良くわかりませんね)
[PR]
by kouboufu | 2007-04-15 16:26 | 草花
木瓜(ぼけ)
今日のテーマはボケについて。

f0088022_0395587.jpg

月曜日に厚木の生徒さんから素敵な木瓜の鉢物を頂いた。
一本の木に赤、白、紅白と三色の花が咲く、素晴らしいモノです。
木瓜については、ただただ、「キレイだな♪」と眺めるだけの素人です。
園芸種なので改良に改良を重ね、色々な品種があるらしい。
ですので、調べてみても、頂いた品種の名前もわからぬ。
唯一わかったことは花の後になる実がウリ(瓜)そっくりなので
木瓜(ぼけ)と書くらしい。  
・・・一人でなるほどと納得。
素人が木瓜について語るウンチクはこれで精一杯(笑)

今回語りたいのはボケはボケでも写真のボケについてです。
風景写真や記念写真なんかですと、カチッ!とピントの合った写真でないと
話にならないのでしょうが、私の愛する写真はボケボケの写真。
でも、ただのピンぼけではいけません、
滲んだ光をはらんでいて、どこか一カ所だけピントが来てる写真が
堪らないのです。
そんな写真が撮れるレンズをようやく引っ張り出してきました。
20年前の古いレンズなのでカメラ側が作動しなくて
ちょっぴり手間取りました。
f0088022_0461454.jpg

光源が室内の蛍光灯だったのでもう一つ滲む感じがでませんでしたが
日中外に出て太陽の光を浴びた写真を写すと滲み具合がスゴくて
体調が思わしくないときなどカメラを覗き込みながら酔ってしまうこともあります、、、

・・・そんな私は天然ボケらしいです。
愛すべき天然ボケなら可愛いのでしょうが、
最近は物忘れが激しいボケボケちゃんなので、気をつけねばと思う毎日です。
[PR]
by kouboufu | 2007-03-19 01:05 | 草花
庭仕事
久し振りの草むしりで全身筋肉痛。
オマケに足をねんざしたのでぎこちないチョコチョコ歩きで一日過ごした。

f0088022_2347790.jpg

昨日の午前中は暖かな日差しを背中に浴びながら
落ち葉をかき分け、草むしりしていたら
春ランの花の盛りが過ぎていたのに気付いた。
しまった!と思っても次に花が見れるのは来年の春まで待たねばならぬ(泣)

陽気が良いからか、普段話しかけて来ない
近所のお爺ちゃんやらお婆ちゃんから声が掛かる。
「若いのにえらいねぇ」「マメな人だねぇ」などなど。
陶芸している姿より、草むしりしている姿で有名なようだ。
隠居したら庭造りを生きがいにしたいぐらいの勢いなのだが、
時間がないのであまり水やりも出来ず、好きと言っている割には
面倒見がよくなので、時折、大事な草花を枯らしてしまい、
自己嫌悪に陥ってしまう。
それでも春になると芽を出す健気な草花たち。
f0088022_23594473.jpg

越して来てからずっ~と挨拶もあまり出来なかった近所のお爺さんとも
初めて話が出来た。
庭の作業台に腰掛けてたっぷりと1時間以上話し込んでしまった。
自然薯の話に始まり、蕎麦やら石炭やら、、、話題はひたすら昔話へと続く。
最近の話題にうとい私も昔話は何故か何でも知っている。
お爺ちゃんはどんな話でも「うんうん」と、うなづく私に初めて笑顔を見せ、
大変満足したようで上機嫌で帰られた。
f0088022_0241819.jpg

その後も毎日近所を散歩しまくっているお婆ちゃんやら、、、
最後には大家さんのお婆ちゃんも登場。
大家さんは草むしりを手伝って頂いた。手慣れているので早い早い。
そんなこんなで、すっかり愛川、三増の人になりきっていた平和な一日でした。
[PR]
by kouboufu | 2007-03-16 00:27 | 草花
切り花が大記録。
工房がある山裾、そこをずっ~と辿っていくと豆腐でも有名な大山へとつながってます。
大山はこの冬、何度か真っ白に染まったもの、
工房のある愛川は雪が積もらない記録更新中。

そんな記録の裏で実は物凄いもう一つの記録が更新されていました。
f0088022_23594517.jpg

最近模様替えした台所。
派手なカフェ・カーテンにボロ市で手に入れたガネーシャの像。
そして傍らにピンぼけで辛うじて写っている花が驚異の記録をうち立てた本日の主役。
    (主役なのに、こんな写真しか残っていなかった)
何がスゴいかというと、この花を買ったのが去年のクリスマス!
小さなガラスの小瓶に挿してちょうど40日。
つい先日までしおれることなく、我が家の一服の清涼剤であり続けた日々。

教室では室内にある窯を焚いたり、暖房つけたりで、大好きな花たちには
過酷な環境らしく、3日と持たずに萎れてしまいます。
工房ではバリ部屋(プライベート・ルーム)以外はほとんど暖房を入れなかったので
台所なんかは寒さが厳しく、常時室温1~10℃前後。
そんな寒さに花が冬眠?仮死状態?になってしまったのかしらん?!
一緒に買ったバラやスプレー菊?なんかも1ヶ月以上瑞々しく咲き誇っておりました。
切り花がこんなに長持ちすることがあるなんて知らなかったからとにかくビックリ。

今日は車で移動中に花屋さんで大好きなロウ梅を発見♪
喜んで車を止めて駆け寄ったらロウ梅ではなくてレンギョウでした。
でもって違う花にしました。
f0088022_054383.jpg

[PR]
by kouboufu | 2007-02-11 01:00 | 草花
早春の便り
例年なら、毎朝霜がおりて、お昼には庭全体がドロドロ地獄。
立ち入り禁止区域になってしまうはずが、今年は数えるほど。
暖かく、過ごしやすいのは助かるけれど、本気で心配してしまう、
「地球、大丈夫か?」

そんな暖冬でありますので、早春の便りがあちこちに届いております。
今、満開なのがこの花↓
f0088022_2115898.jpg

節分草と間違って頭にインプットされていたので名前がわからない。
また、図鑑とにらめっこしなければ、、、。

最近、記憶力が極端に低下しています。
体力ともに、非常事態宣言発令してよいぐらいダメダメです。
そんなところへ、こんなニュースが飛び込んできました↓

ちょっとマニアックな話題ですが、、、、
日本魚類学会では、差別的語を含む魚類の標準和名について改名を決定したそうです。
1綱2目・亜目5科・亜科11属32種を含む51タクサ(分類単位)の改名だそうです。
            f(^ー^;
例をあげると、、、
大好きな魚に「イザリウオ」という、和み系?の魚がいるのですが、
これからは「カエルアンコウ」と呼ばなければいけなくなってしまいました。
「ロケットイザリウオ」は「ロケットカエルアンコウ」だそうです。
格好いいのか、格好悪いのか、、、、
やっぱり格好悪いなぁ、微妙なネーミングです。

「バカジャコ」という可哀想すぎるネーミングの魚は「リュウキュウキビナゴ」と
やっと、ちゃんとした名前をもらえた魚ちゃんもいるようです。

ところで
「ベスト」を「チョッキ」
ラジオの「FEN」を「進駐軍放送」などと平気な顔して言ってしまう私が
ちゃんとした名前を覚え直す日は来るのか?微妙なところです。
[PR]
by kouboufu | 2007-02-02 02:37 | 草花