カテゴリ:造る( 7 )
マイ・ブームその1 工作時間
今年のマイ・ブーム第1弾はわかる人にしかわからない?!
「不思議なレトロ工作」

お正月にも書きましたが、数年前に知った金属のサビをこよなく愛する錆び好きの世界。
西荻窪あたりにはそんな愛好者が集まるお店もあって、、、
骨董、古本、雑貨、、、と何でも興味津々の私は色々なお店を渡り歩いている内に
そんな古きモノたちが持つ、ネットリとした味わいの世界にいつの間にか
踏み込んでおりました。

人間、なれとは恐ろしいものですね。
以前はただのガラクタの錆びなど興味もなかったのに、今では
ピカピカのモノより愛しいかったりします。

そんな常識がズレてしまった私がハマッた工作品です。

f0088022_2245236.jpg

「何だ、こりゃ??」と言う方々のために説明をしないといけませんね。

材料は??
古くて半分朽ちた木箱・・・・・昔の牛乳瓶のポストみたいなものです。
道端に捨ててありそうですが、、、いざ、探すと捨ててないので買ってきました。
(まず、最初の突っ込みは、、、こんなモノ売ってるの??買うの?って感じです)
見どころは、もはや木であることすら、曖昧になりつつある、
トロトロのスカスカになった木と漆黒色に染まった質感。
いろんな物が当たり、角と言う角が擦れて面取りされている優しさ。

こんなモノにも補修の痕跡がいたるところにあります。
最初は鉄釘ではなく、竹で上手に継いでありますが、その後
釘やら細身の針金で留めてあったり、、、長年大事にされてきたようです。
ちょっと間違えて力を入れようものなら、バラバラになってしまいそうな
危うい儚さ。
こんなにこの箱を褒め称えるなんて病気でしょうか・・・(笑

そこに仕事場にあったアルマイトで出来た漏斗を金づちで叩き、
昔の裸電球の傘のようなものに仕上げ、豆電球を取り付けました。
f0088022_22135251.jpg

なかなか気に入ってます(笑

奥の方に先日買ったピンバッチを刺したり、とっておきの?!
バングラディシュの古新聞の切り抜きを貼り付けたりして完成。

で、何に使うかって???

自作の炭化焼きの一輪挿しを引き立てる小道具です(笑

でも、我が家にある小さな愛すべきガラクタなら、何でも飾れます。
タイムスリップしたような素敵な空間に我ながらほれぼれしています。

ちょっと暇だった陶芸教室の授業中に制作始めましたので、
生徒さん的には???  だいぶ意味不明だったようです。

調子になってブリキモノも細工してみました。
次回紹介するかな。

ではでは、自己満足極まったお話でした。
[PR]
by kouboufu | 2010-01-22 22:45 | 造る
ロクロ占い?!
昨日は月1度の工房オープン日。
お客様が見えたらどうしよう!と思いつつ、ボロボロの格好で朝から庭掃除。
ついでに雨どいまでお掃除。
工房オープン日にあわせてお掃除にも気合が入ります。

さてさて、何とはなしに作品の注文がたまってしまい、乾燥棚も一杯になってしまい、
先日、夕方から作り始めた花器、10本の収納場所がなくなってしまいました。
しかし、収納スペースがないので老体に鞭打って、久しぶりに真夜中に削りを開始しました。

長年使っている古い方のロクロは製造から20数年経ちましたが
まだまだ現役でいくらでも使えそうな頑強な作り。
ただ、最近は回転部のゴムが劣化し、少々異音がします。

回転の速さにあわせて、ゴットン、ゴットン、、、、
時にはコトン、コトン、、、、
毎日違う音をたててまわります。

時は丑三つ時。

突然、ロクロの唸りが
「のうぎょう、ノウギョウ、農業、、、、」と聞こえ始めました。

昼間はジャズなど流しながら騒音の中、仕事しているので
ロクロの異音など気にも留めませんが、深夜、静まりかえった中、仕事をしていると
時折、ロクロの異音が「頑張れ、頑張れ、、、」などと聞こえるときがあり、
一回、気にしだすと色々な言葉に聞こえてくるときがあるのです(笑

それがその夜は疲れていたせいか?神のご神託か?
ロクロがまるでしゃべり出したように、色々な言葉をつぶやき始めました。

「農業」の次は「ツアコン、ツアコン、、、、」
そして「9月から、9月から、、、、」

その夜、削った花器は10本。
仕上げを終えて、新しい花器に載せかえる度に、ロクロは違う言葉を繰り返しながら
つぶやきます。

4本目の花器を削っている間は「どーしよう、どーしよう、、、、」

その後も「えんざん、えんざん、、」
     「白くない、白くない、、、」
     「特訓、特訓、、、」
     「だい4、だい4、、、」

聞こえ方が面白いので思わずメモってしまいました。

神のご神託だとすると、、、
「農業、、ツアコン、、9月から、、どーしよう、、えんざん、、しろくない、、特訓、、、だい4」

んっ~、~、~
意味がありそうで、やっぱり意味がない。
ただの空耳なんでしょうか(笑

9月になればわかるのでしょうか?
・・・・・・・・・・・くだらなくてすみませんでした。
[PR]
by kouboufu | 2009-08-09 23:20 | 造る
陶楽炎祭は炎の達人で一杯
このたび福島まで遠征してきたミニ窯コンテストは炎を操って愉しむ
イベントの中の一つでした。

できるだけ他のイベントにも参加しようと意気込んで出掛けたものの、
今回も結局、ミニ窯に火を入れた途端、掛け持ちで何かすることができず、
ひたすら窯を焚いてしまいました。
毎回そんな感じでしたので、今回は開会式の直後、
窯の準備もそこそこに、どうしてもやりたかったトンボ玉体験に一番乗り。

以前、マドラー作り体験した時は、イメージ通りに素晴らしい作品が
仕上がり、私の天職はこちらだったかも?!と、錯覚するほど
見事な出来栄えでした。
そんなことから、今回は自身満々でトンボ玉作りに参加してきました。
選んだガラスはこちら
f0088022_054508.jpg

「ふむふむ」と鼻息荒く、自信ありげに偉そうに
腕組みしちゃったりしながら、まずは説明をききました。

一度やったことがあったので、何となく根拠のない自信はあったのですが、
説明が終わるとすぐ、突然に、補助もなく、体験開始。
心の準備が出来ていないのに、いきなり野に放たれたと言うか、海に投げ出されたというか、、、
気を取り直して取り掛かるも、なぜかメロメロ。
(野外なので?)炎が見えないし、手が震えるし、ガラスが溶けないし、、、。

しまいには、講師の方も修正できないほどのガラス玉に、、、。
ちっぽけな自信が粉々に砕けた私は3色使うところを最後の赤色ガラスを貼り付けることすら
出来ずに、ギブアップ宣言しました。
まん丸はあきらめ、ひしゃげた四角のままにしようと思ったら
今度は中途半端に丸みがつき、世にもぶざまなトンボ玉が完成しました。
f0088022_194252.jpg

トンボ玉さん、甘くみてしまいました。
私が間違っておりました、ごめんなさいっていう感じでした。

・・・ミニ窯コンテストは一日中、窯焚きに夢中になってしまい、
窯からなかなか離れられません。
小腹がすいたら食べようと石焼芋セットを自作し、焼きはじめたものの、
これまた、見事に失敗。
別会場では究極の石焼き芋コーナーもあり、食べ比べるまでもなく、
完敗なのでした。

イベントの審査委員、陶芸の吉田 明先生。
そして焚き火のプロの関根 秀樹先生。
お二人とも炎を操らしたら凄い!
仕事も遊びも、ウンチクも、、、、。
炎でこんなに色々と遊べるものだと感心することばかり。
私もかなりの遊び人のつもりでしたが、先生方から比べれば子供のお遊びのよう。
炎の達人たちに刺激されまくって帰ってきました。
[PR]
by kouboufu | 2007-10-28 01:35 | 造る
腰痛持ち
遊びに出掛けるヒマがないので自慢のカメラ?の活躍場がない。
仕方なく仕事で出掛けた厚木の老人ホームの玄関先にあったランをパシャリ。
f0088022_1175560.jpg

あんまり何枚も写真を撮っていたら職員さんに笑われる。

・・・ふと、気が付くと桜が見頃である。
野へ山へと繰り出したいところですが今日もグッと我慢。
・・・のはずが車の修理が長引き、待っている間ランチに
オープン間もない横浜ららぽーとまで足を延ばす。
最近は陶芸材料専門店に通わなくても大きなホームセンターなどでも
結構、陶芸材料を扱う所が増えてきた。
ここ、ららぽーとでも陶芸コーナー発見♪・・・こんな場所で探していた粘土も発見♪
         う~ん、出掛けてみるもんだ。

新しい粘土を手に入れ、やる気満々♪
釉の新色を一つ、調合してみた後、腰痛が治まったのでロクロ再開。
仕事の開始が遅かったので結局本日も夜中までロクロを挽く羽目になりました。
f0088022_1331164.jpg

     (こんな写真にソフトフォーカスかけてしまいました)

ちょっと無理をしたせいか、再び腰痛悪化。
う~ん、こりゃ、前途多難だな。
[PR]
by kouboufu | 2007-03-30 01:38 | 造る
出だし快調♪
寝かせた粘土で絶好調♪

粘土も精土したばかりだと粘りが足りずに思うように伸びなかったり、
悪戦苦闘する羽目に陥ることがある。
今日はしばらく寝かせた土でロクロしたので、いつになく快調な仕事ぶりであった。
納豆じゃないけど、長い間じっくり熟成させると粘りが出てきて扱いやすい土になるのです。
可塑性の高く、状態のよい粘土で作陶すると、
自分の腕前が上がったのか?と錯覚するほど違いがあります。

そんなわけで、調子にのって高さ50センチの壺を2点。
ノルマの一輪挿し30コをロクロ挽き。
f0088022_135571.jpgf0088022_136168.jpg








その後も、あまりの調子の良さにどうでも良いモノも作ってしまった。
ひょろひょろとやたらと細長い花瓶、頭でっかちの限界まで薄く挽いた花瓶。
どちらも自己満足的作品。
紙みたいに薄く挽いて楽しんでみたもの、すぐ倒れたり、割れたりしたらいけないので
売り物にはなりません(笑)

というわけで、明日も作品作りかな。
[PR]
by kouboufu | 2007-02-14 01:51 | 造る
一輪ざし
春先に植えた大好きなホトトギスの苗が立派に育ち、もうすぐ満開です。
なんでも雑草のように丈夫で増えすぎて困るような花ですので
私の庭にはピッタリだったようです。
f0088022_21542437.jpg

作りたい器が溢れるように出てきてやる気満々。
実はホトトギスが咲く前に一輪ざしも焼き上げるつもりでしたが
素焼き止まりで間に合いませんでした。
もう、こうなったらヤケクソ?!春までに一輪ざし100種類作ろうかな。
大好きな花たちも一杯植えるつもりので色々な一輪ざしも100種類。
いつも気合いだけ入れてしぼんでしまいますが今回はがんばります(笑)
[PR]
by kouboufu | 2006-10-03 21:56 | 造る
お気楽改装工事再開
お風呂にさほど不自由なく入れるようになり、、、
ぞうきんも何とか絞れるようになり、、、
ボチボチ改装作業再開しました。
f0088022_18585647.jpg

作業部屋は汚れ防止に市販の黄色いペイントを施したベニヤ板を使用したので
漆喰風の壁塗りもやや黄色がかったもので、、、なんて思ってしまったのが
間違いのはじまり?!壁のあちらこちらにタイルを貼り、黄色い漆喰塗り。
なんか色見本より相当黄色くてビックリ。
う~ん、バリ風でもないし、この部屋はいったい何処の国?
[PR]
by kouboufu | 2006-05-04 21:51 | 造る