黄色い鳥の器店
私はひたすら昭和の時代を懐かしんで今も生きています。
古いものばかりに目が行ってしまます。
行くところも自然と20代の頃気に入っていたところばかりになってしまいます。
情報も古すぎてあまり役に立たなくなってきてしまいました。
工房に引きこもっていたら、きっと今よりも数倍ひどい時代遅れおじさんになっていたことでしょう。

なにか面白い事無いかな?と思ったときに頼りになるのが
教室に通って下さる、センスの良い女性陣たちです。
美味しいものから、雑貨から、面白い番組まで聞けば何でも教えていただけます。

今回も私の知っていた国立ではなく、現在の素敵な国立情報を頂き、
早速行ってきました。

月に1度の世田谷区の成城学園での仕事の後は、時間が許せばぶらり散歩タイム。
ちょっと遠かったですが、中央線の国立駅へ。
一度も行った事が無かった繁華街とは逆の高級住宅地側に出て、
歩いてもすぐの所にある、「黄色の鳥の器店」さんへ。

店内に入って、ちょっとびっくり。
「で~ん」とかなりの存在感でキッチンがありました。
そのキッチンが気になって仕方がないのですが、お店の方と対面してしまいそうなので
壁側から探索開始。
ざっくりと見て、不思議な品揃えにちょっとワクワクです。
店名から、てっきり若い作家さんものばかりと思い込んでおりましたが、
民芸やらちょっと古そうなものやら、不思議な品揃えです。

何点か気を引かれるものがあり、随分悩みましたが、古そうな1点ものに決定。
f0088022_0283996.jpg

f0088022_0251744.jpg

時代はわからないけれど、ちょっと古い中国の台所用品(お玉や菜箸)を入れる壁掛けです。
水が切れるように底に穴があいてました。
我が家のポンコツキッチンにぴったりのお気に入りです。

以前は木で出来た朱塗りのものを買ったことがあるのですが、玄関で靴べら入れになってます。

ここのオーナーさん?とても気さくな方で、色々楽しい情報までいただきました。
近かったら通いたいお店です。
仕事帰りなので日没間近。
その後再び散歩を開始したもの、雑貨屋さんは閉店のお時間でした。
ならばと、喫茶店巡りに。
ところが、昔懐かしい喫茶店は廃業・・・ようやくたどり着いたお店が
「ロジーナ茶房」
f0088022_1141749.jpg

なんか苦手なイメージが残っていましたが、20年ぶりに入店してから記憶が蘇りました。
当時の私にはボリュームがありすぎる食事と、苦手な雰囲気が、、、。
ところが、今の私にはピッタリ。
居心地の良い雰囲気に。
懐かしい大ぶりプリンにワクワク。
f0088022_113589.jpg

大事なコーヒーが今も苦手なコーヒーだったことも懐かしい(笑
[PR]
# by kouboufu | 2015-10-14 23:39 | ひとり言
恵文社
本屋さん。
大好きな場所の一つです。
好きなジャンルは例によってかなり偏っておりますが。

神社仏閣に雑貨屋、そしてカフェ巡りというまるで女子旅をしているかのような中
京都で必ず立ち寄ってしまうのが一乗寺にある「恵文社」さん。
当然、女子に人気があるようです。
本屋さんなのに県外からもわざわざ足を運ぶって凄いですね。
f0088022_0181834.jpg

大原三千院の帰りに、今回は初めて叡山鉄道に乗って行ってきました。
いつもは旅の途中でしたので、次の予定が気になり、慌てて店内を一巡り。
長居したことはありませんでしたが、今回は日が暮れてから最後に訪れたので
ゆっくりと本探しをすことができました。

選書にとてもこだわりを感じられて、いつもは素通りしてしまうコーナーも
じっくりと愉しめます。
しかも雑貨にも力を入れているようでギャラリースペースでも
あれこれ興味津々です。

今回は陶芸関係ではなく、(いつもか)
気になっていた南方熊楠の文庫本があったのでそちらを購入。
f0088022_047214.jpg

少々、私には難し過ぎることも書いてありますが、この南方熊楠先生、
実に人間くさいというか、笑いがこぼれてしまい楽しく読めます。

ギャラリースペースでは気になるものが色々ありましたが、大好きなガラスの器たちと
一緒に置けそうなオシャレな泥人形にくぎ付け
f0088022_047161.jpg

いつもこんなものを買うとレジで
「プレゼントですか?」とか聞かれてしまいますが、、、。
もちろん自分用です。
[PR]
# by kouboufu | 2015-09-24 01:00 | ひとり言
三鈷(さんこ)
ご朱印を頂く、寺院めぐり。
今回は和歌山の根来寺です。

なんで根来寺かは、詳しくかけません。
あまりに怪しい経緯からです。
個人的理由は割と簡単で徳にあやかりたいという欲の為せるところと言った感じでしょうか。

欲と言えば、前日に白浜で開催されていた熊野水軍ちなんで行われいる
宝探しにも行ってきました。
巨大な砂山に総額2000万円?!分の景品が埋められてあって、
それをひたすら掘り当てるという・・・しかも参加費は無料という、素晴らしい催しです。
f0088022_1565299.jpg

金貨や銀貨を思い浮かべて掘って、掘って、掘りまくりましたが、
当たるのはお菓子や、ぬいぐるみやスリッパでした。
白浜なのでパンダのです。
欲でいつもと違う顔つきだったかもしれません。
しかし、ほぼ全力を尽くしたので満足。

話を戻しますか、、、願いが通じたのか、欲にまみれた煩悩を捨てなさいと言うことか、
たまたま根来寺に訪れた日が「護摩焚きの日」でした。
f0088022_1572116.jpg

護摩焚きが終わってから思いもしなかった幸運が。
今年は高野山が開かれてからちょうど1200年。
それを記念して本山から授かった三鈷を参拝者全員、手に触れることが許されると、、、。

祈願したいことは、、、いつものあれなんですが。
とても難儀なことです。

三鈷とは、、、
私も骨董市やアジアのお店で見かけて、仏具程度の知識しかありませんでした。
何でも、弘法大師さまが修業先の大唐から投げると、、、、
そのうちの一つが高野山にたどり着き、そしてそこにお寺を建立したとか。
煩悩を打ち砕く法具だそうです。

護摩焚きのススで漆黒の闇のような不動堂の奥に神秘感じつつ、
高僧の前に立ち手を合わせると三鈷を載せてくださりました。
ただただ、頭が真っ白でお願いもできませんでした。
欲にまみれた煩悩が打ち砕かれたのでしょうか?
貴重な体験となりました。
[PR]
# by kouboufu | 2015-09-12 02:34 | ひとり言
夏の思い出 2015
私の海好きの理想の原点は実は作り物。

今は小田原の方に地球博物館として移動してしまいましたが、
横浜にある県立歴史博物館には入館してすぐのところに、
かつては動物たちが住む自然を再現したジオラマがありました。
そこに磯にある潮だまりのジオラマもありました。

ウニやヒトデにカニや貝。
それは少年時代の私をワクワクさせるものでした。

それから1年、3年、5年、10年・・・・
そんな理想の潮だまりを探し続けましたが、とうとう出会えませんでした。

沖縄やバリの海では熱帯地方の珊瑚の海の華やかさに魅了されましたが、
本州の温帯の生物層が理想的に配置されている潮だまり?!には
出会うことなく、もう、実は諦めていました。


数年ぶりの和歌山、串本の海。
奇跡的に半日だけ晴れ、べた凪の海で見つけた入り江。
雨続きの天候で透明度はイマイチでしたが、手前で珊瑚やソフトコーラルをバックに
泳ぐ魚たちを追いかけ、どんどんと岬の先端の方へ。
f0088022_19374.jpg

先へ行けば行くほど、どこを見て良いか視線も困るほどの生物層の豊かに歓喜。
写真ではうまく撮れませんでしたが、いつか出会いたいと思っていた
理想をも超える入り江を発見してしまいました。
f0088022_1124647.jpg

死ぬ前に理想の入り江に出会えて感激です。
時間を忘れるほど漂流した後、ふくらはぎが日焼けしすぎでほぼ火傷。
大好きな温泉に入れなくなってしまったのも良しとします。
[PR]
# by kouboufu | 2015-09-11 22:43 | ひとり言
屈辱の日
本日、原発再稼働。
せっかく停止していたのに、、、、。
屈辱の日であります。
f0088022_2373487.jpg


しかも原発安全対策、3兆円規模へ=再稼働へ巨額投資―電力11社って、、
[PR]
# by kouboufu | 2015-08-11 23:10