今日は何の話かな。
先日、横浜を移動中、大桟橋に豪華客船を発見!!
船影に目を凝らすと飛鳥Ⅱらしい。

でもって大桟橋にちょっとお立ち寄り。

船が好きなので、前もって横浜に寄港する船ぐらい調べておけば
カメラやら、心の準備が出来るってもんですが、、、、

いつも通りがかりに桟橋に横付けされた艦艇に吸い寄せられるように
立ち寄ってしまいます。

今回も、せっかくだからと船が間近にみえる大桟橋にまで足を運んだものの
かなりのガックリ。

確か飛鳥Ⅱという船は日本国籍では最大の客船だったような、、、。
でも、、、、
何だか本当はあまり好きな船ではないんです。
(だったらわざわざ見に行かなくてもよいのにね)

船体の中央の部分がまるで味気ないビル様な感じなのです。
豪華客船ならデザインに、もうちょっと優雅さが欲しい感じなのです。

最近の豪華客船は大きく迫力はありますが、、、
みんな何だかただの高層マンションみたいで特に惹かれません。
海の女王と謳われた有名なクイーン・エリザベス2世号がやはり最高かな。

最近の船は巨大化しているのですが、、、世界1周などでパナマ運河などを通る時、
すでに巨大化してしまった船はとっくの昔に限界に来ているそうで、、、
船体の幅は30メートルちょっとぐらいに収めないと通れなくなってしまうそうです。
だから船体の真ん中が皆、扁平な高層マンションのような体型になってしまうんでしょうね。

ちなみにパナマ運河を通過できる船の最大のサイズはパナマックスサイズと呼ばれているそうです。

船の美しさなどを語ると、、、大昔の帆船が、、、などと話が長くなるので止めておきますが、
今回、何が残念って、、、、
なんか豪華客船には、日焼けしたアロハなど着たニヒルなおっさんやら
サングラスが見合うキレイでお洒落なおねえさんなどに乗っていて欲しいという
希望?願望?がありますが、、、
今回、桟橋をワクワクして駆け上り、船のブリッジを見渡したら、、、、
船の上から、こちらを見下ろす方々の格好の悪いこと、、、

何だか毛玉の沢山できたジャージのようなモコモコ普段着で、、
風も強かったから、ボサボサの髪型で、、、どちらの国のお方たちでしょうか、、。

もしかしたら、私よりひどい服装なんでないの???といった感じで
宝くじが当たったら、、、いつかは豪華客船を夢見ていた私の夢が汚された感じでした(笑
(今夜も宝くじ話か)

国籍はどうでもよいのですが、姿も仕方ありませんが、、少しはお洒落して欲しかったです。

そんな私を再び、ご機嫌にしてくれたのはこれ↓
f0088022_182673.jpg

大桟橋の中のショップで売っていたレターセット。
封筒も便箋も本物の海図で出来ております。
更新で廃棄されるものの中からキレイなものを選んでリサイクルしているそうです。
船好きには堪らない一品でした。

突然、話題が変わりますが、今日は東京ドームで開催されている、
テーブル・ウェア展に行ってきました。

オールド・ノリタケに会いたかったのですが、、、
何でしょうか?あの人ごみは、、、。
男性率、異常に低し、完全におば様たちの楽園?!

おば様たちをかき分けるわけには行かないので、よそよそしく、
人ごみの隙間から器たちを拝見してきました。

なぜか、唯一心に響いたのがこれ
f0088022_1234834.jpg

古い廃材を加工したコースターです。
何枚か欲しかったけど良いのが1枚だけでした。

そんな中、数少ない実演をしている窯元が、、
滋賀の 八 風 窯 (はっぷうよう)さんでした。
とても可愛いシンプルな絵付けを施し、陶器ではあり得ない高温で焼成されているのですが、、、
そのため丈夫で、絵具さえ色が飛んでしまうぐらいの高温なのでしょう、
でもそれが、淡い色合いで大好きでだいぶ前に湯のみを買って使っています。

その作家さんが口上を述べながらの実演だったのですが、、、
「映画タイタニックで沈没事故から奇跡的に生還し、今では100歳を超える老婆となった女性。
彼女は静かにあの豪華客船の中で起こった愛の話を語り始めるのですが、
その時、陶芸の電動ロクロを挽いていた場面を皆さん覚えておいででしょうか?
日本ではロクロは時計廻りで挽くのが一般的なのですが、映画の中では
逆廻りで挽いております。
そう、欧米では日本とは逆廻りで挽くことが多いのです。」
その説明は私が講義する時とまるで同じ。
聞きながら笑ってしまいました。

何でも3Dブーム到来で映画タイタニックを3D化してまた公開するなんて
噂も聞きました。
見る機会がありましたら、陶芸好きな方は是非、ロクロの回転方向なども
チェックしてみてくださいね。


また豪華客船の話に戻りますが、今年はクイーンエリザベス3世号が完成する予定です。
どうか、美しい船でありますように。

と言うことで無理やり?陶芸と大好きな客船話をこじつけてみました、おしまい。
[PR]
by kouboufu | 2010-02-04 02:00 | ひとり言
<< 気がつけば、小鳥ちゃん マイ・ブームその2 工作時間 >>