お片付け、、、。
9月に夏を惜しんでババッと連日更新したっきり、
意気消沈していた私です。

これではいけないとパソコンに向かってみたものの、、、
頭の中ではバレリーナがクルクル廻りぱなしで要領を得ません。

こんな時もあります。

んっ~、そうそう、先日ガラクタが溜まってきたので少し片付けをしました。
敷地に倒れこんでくる竹や廃材などとともに久しぶりに焼却炉に火を入れました。

すみません、焼却炉など書くと立派な物に思えますが、知り合いから譲っていただいた
ドラム缶に穴を開けただけのものです。
でもこれが、すこぶる便利で何でもよく燃えます。
しかも、たっぷり溜まった灰は陶芸の釉薬になります。

工房には中途半端なものが手付かずで眠っておりました。

その1
版画家さんから頂いた額に入れて飾ろうと思っていた、インド・フェスティバルで
買った細密画。
でも額が壊れているので、まずは額の補修が必要です。

その2
廃寺になったお寺の本堂の天井から取り外したボロボロの板。
かすかに岩絵具?や墨絵が残っています。
工房の天井か壁に張り付けようと思いましたが大工事になりそうなので
まだ手付かずです。

その3
これまた、インドの骨董ならぬ、インドのお古。
かなり古そうな窓枠なのですが、ガラスではなく、木の窓です。
なんとなく、本物っぽいものと、お古でリメイクしているもの。
リメイクしたものを輸入した雑貨屋さんが今度は窓ではなく、
扉付きの鏡にさらにリメイクしているので、、、不思議なものになっています。
こちらも取り付けに手間取り、置き場所に困っています。

そのほかにも、開けてはいけない箱を開けてしまい、再び封をしたり、
開けてはいけない扉を開いて、そのまま閉じたり、、、

などなど、見てはいけないものを見てしまい、
せっかくの休日に放心状態になったりしておりました。

そんなガラクタの中でも今年1番の掘り出しものがこれ↓
f0088022_23245974.jpg

螺鈿入りの塗り物の椀です。
以前から欲しかったのですが、高くて手が出ませんでしたが、、、
こちらは以前は3500円ぐらいで売られていたものが、
この不景気で?!800円に値下がり。(もちろんジャンク品)
いい買い物でした。

なんかちょっと、自宅で料亭気分が味わえます(笑

追伸、
今週末の30日(土)は久しぶりの工房オープン日です。
お昼に厚木のおばあちゃんがけんちん汁を振舞ってくれます。
よろしかったら遊びにいらしてください。
[PR]
by kouboufu | 2010-10-25 23:35 | 古きモノ
<< ハロウィン この夏の思い出 その4 >>