秘めた話に良からぬ話
ちょっと爽やかというか、肌寒い日が続きましたね。
心配していたセミたちも鳴き始めましたが、まだまだ数が少ないようです。

さてさて、耳鳴りがひどくて海にも山にも、、そしてバイクにさえ乗れない私は
何処にも行けず、とりあえず、思い出に耽って過ごす日々です(笑

とくに、バリはほろ苦くも、甘ーい思い出一杯です。

しかし、先日の「コクリコ坂から」に描かれていた昭和の良き時代が
消え去りつつあるのと一緒で、25年も前のバリにはもう逢えません。

私にとって、本当に「地球最後の楽園」でした。
当時は本当にそんなフレーズで宣伝されてました。

バリでの思い出は数々あるし、価格が高騰し、今ではとても手が出せなくなってしまった
イカットと呼ばれるアンティークの布やら、工芸品の数々も大事にしてますが、
とっておきのバリのお土産がこちら↓
f0088022_23513998.jpg

今では流通していない、小額コインです。

何で?これが?

それは、、、、、(お酒も飲んでないし、催促されてないのに、いきなり告白タイム?!)

10年も逢ったことがない初恋の人がある日突然、私のバイト先(コンビニ)に、
たぶん京都から現れ、代金の一部として置いて行ったのです。

名前を入れて。

私がまともだったなら、それは素敵な恋愛に発展したことでしょう。

でも、その時、私は夜勤中で、バックヤードでウトウトしており、
突然のお客様に、、、うつろな感じで接客。
不覚にも、お客様が、初恋の人と気付かずもせず、、、。

その後、再びバックヤードに戻り、ウトウトし、何だか見慣れないコインと、、、、
刻まれた懐かしい名前に気付いたのは数時間が過ぎてからでした。

その前後にも手紙をもらったり、、、偶然とは思えぬ出会いもありました。
神様は何度も何度もチャンスを与えてくれました。
でも、、、。

こんな素敵な想いでも、ほとんどは、今は漁師(船長)になった親友の度々の陰ながらの
応援があったからなのですが。

しばらく、バリには行ってないですが、物価上昇に伴い、結構ひんぱんに
新紙幣やら、新硬貨を発行しているようです。

現在の硬貨は磁石にくっつくそうです。
それって、原料に鉄が多いってことで、、、そして安く鋳造できる代わりに、
結構すぐに錆びてしまうという欠点があるので世界的に珍しいそうです。

錆びてしまうと非常に具合悪いので、現在、世界で鉄を使って鋳造した硬貨を使用している国は
中国や、ロシアぐらいだとか、、、

話はコロコロ変わりますが、原発、放射能の話題はひとまず置いておきます。
事故当初から、想定されたことしか起こっていない。
餌のワラや牛肉からセシウム検出など、、、何を今更ってことです。

また反原発関連のニュースなどありましたら書き込みます。
とりあえず賛同者の皆様とはお話出来るようになりましたし、、、
地道に活動続けます。

放射能にかわって気がかりなのが世界経済の行方です。
ギリシャのデフォルトは有名な話ですね?!
世界経済がいよいよ崖っぷちに立たされているような気がします。

せっかくの初恋のトキメキ話が台無しになりそうですが、
太陽活動と、経済と、異常気象は三位一体。
密接な関係にあるに違いないと言うのが私の辿りついた答え。

今のところ、だれに話しても「ぷっっ」と笑われてしまいます。
「間違い」「妄想」・・・見当違いであって欲しいですが、。

過去の歴史、文化の繁栄と衰退、生物の進化過程、そこに、
当時の気象状況(地震や火山活動なども含む)や、太陽活動などを一緒に
年表化すると相互関係が現れてくるように思います。

あまり書き込むとオカルトブログのように思われ、誰も話しについて来れなくなりそうですね。

話が思わぬ方向に行ってしまいましたが、最後に、、、
私自身が平常心を保ちたいと言うか、今、現在に感謝しつつ、大事に愉しんでいたいという
気持ちがここ数年強くありました。
原発事故で少々、生活のリズムが狂っておりましたが、ここ1ヶ月ほどでちょっと
気持ちにゆとりが出て、新入りのB級アイテムも少し集まりました
次回から、再びB級アイテムの紹介を中心に、再開しようと思います。

今夜も訳のわからないお話にお付き合いいただき、ありがとうございます。
[PR]
by kouboufu | 2011-07-23 23:36 | ひとり言
<< Bコレクション再開 海 ラ・メール >>