ガラス功芸展
本日より始まった、日本橋高島屋での「ガラス功芸展」に行ってきました。
ガラスの江波さんが参加されてます。

DMが面白く、行く前からその気にさせてくれます。
f0088022_23152281.jpg

まずは「工芸」ではなく、「功芸」となってます。

展示会の推薦文がこれまた面白く、なかなか気合いが入っています。

「ちかごろァどうも白だの黒だの
 ノッペラボウなうつわが多くて
 つまらねえ
 どっこいこちとら
 流行なんざ目もくれず
 来し方行く末我が道走る三人衆
 さあさあ東女が咲かすガラスの花火だ
 とくとご覧あれ!」

  ・・・ってな具合です。

今回も運よく初日に伺うことが出来ましたが、開場一番乗りに失敗し、お目当ての器は売約済で
ちょっぴりショック。
今年メインの「カフカ花」とか、大作の「トルコの空」だったかな、、、など、いろいろなものに
目を奪われつつも、何とか新作のトンボと稲穂文のミニグラスをゲット。

夏に展示されたサントリー美術館で、新たなファンが増えたのでしょうか、
一人で大量に大人買いされている方もチラホラ。

財力ではとても太刀打ち出来ません。

ただひたすらスゴーイと、横目で眺めておりました。

こちらは夏に横浜のギャラリー卯月さんの個展で見つけた花シリーズのカップ。
f0088022_2341392.jpg

ひたすら可愛いです。
[PR]
by kouboufu | 2011-11-16 23:44 | ひとり言
<< ラップ? オーガニックって? >>