最近の日課は相棒探し
大掃除に疲れたので、ブログに逃避しにきました。

空いた時間をみつけては、新たなる相棒(バイク)を探して近所をうろうろしておりますが、
最愛の相棒を超えるものは簡単にみつからず、うつろな表情で徘徊する、
あやしい人物になりつつあります。

私が好きなオフロードというジャンルのバイクの全盛時代は今から20年も前のこと。
砂利道などの悪路を走るためだけに特化したバイクです。

数年おきにモデルチェンジして、その度にエンジンもパワーアップして、、、、
刺激的な時代でした。

その後、パワー出過ぎて危険ということで、業界の自主規制があり、、、
排ガス規制があり、、、、バイク人口の激減もあり、
最近では滅多に新車の発売もなく、、、とってもさびしい現状です。
ワクワクするような砂利道も激減し、町を出て、かなり遠くまで遠征しないと
走る山道もありません。

遠征しても、滅多に同志に巡り合うこともありません。
たまに出会う方々もヘルメットを脱ぐと皆、おじさんだったりします。
今の若者は何してるんでしょうか??

20年も前の車なんて、今どき、よっぽどのモノ好きでないと乗っていないですよね。
中古バイク屋さんに行くと結構普通に20年ほど前のバイクが売っています。
かなりガタがきていますが、、、、。

バイクに乗りたいのに買いたいバイクが見つからない。
私が好き嫌い激しすぎるからな、、、、
現在、買いたいバイクは3台のみです。

1993年式ヤマハTT250R YZパーツバージョン
2003年式?カワサキKLR250

どちらも以前、数年間ともにしたことある相棒なので新鮮味はありませんが、
それ以外に興味がわきません。

もう1台、あこがれのバイクがありますが、高嶺の花という言葉がピッタリ。
2005年式ヤマハWR250F
こちらはレース用の逆輸入車で物凄いです。
足は届かないし、きっと右足に障害がある私にはエンジン掛けるの至難の業だし、
不意にアクセルひねると、私ごとき中年オヤジなどバイクから振り落とされて
しまうかも知れません。
たとえ、何とか、動かすことが出来ても、、、、アクセル吹かせなくてストレスたまるか、
コントロールできなくて谷底に落っこちるかのどちらかです。
それでも乗ってみたいバイクです。

本人満足でも、傍からみれば、私がフェラーリのハンドル握ってたら
笑っちゃいます、そんな感じを想像して今まで購入を控えております。

って、実は値段の高くて買えないのですが。
高嶺の花はこんなのです
f0088022_056357.jpg

興味ないのに、わからないと思いますが、、、本来、レース用なのに
公道で走れるので規格外のバイクです。
そして美しいスタイルにゾッコンです。

こんなバイクが手元にあったら家の中に入れたいです(笑

それ以外のバイクにはほとんど興味がない、変り者のライダーです。
普段でも、そんな選り好みばかりしているから再婚も遠いのかな・・・。
[PR]
by kouboufu | 2011-12-28 21:38 | ひとり言
<< 今年最後だから想定してみる 相棒が勝手に旅立ちました。 >>