冷温停止?
こまめに更新出来ておりませんが、原発情報の確認がとれましたので更新します。

福島原発2号炉の冷却水の温度が上昇し、70度前後を行ったり来たりしているようです。
東電としては80℃以下であれば冷温停止として問題ないということですが、
7日未明に再臨界を防止するために原子炉にホウ酸1094キログラムを混ぜた水を注入したそうです。

私もきちんとチェックしているわけではありませんが、半年前ぐらいにおよそ500キログラムの
ホウ素を投入して以来の対応でしょうか、、、。

冷却用の注水も倍に増やしているようです。

毎日冷却に使われる冷却水、これをきちんとすべて漏れずに循環する装置は
完成しているのでしょうか、、、

毎日、毎日汚染されている冷却水が漏れ続けていると思うと恐ろしいです。

その他、恐ろしい兆候は確認がとれないのでリンクはやめておきます。


確認とれた情報はロシアの火力発電所の爆発と原子力研究センターでの火災です。
ニュースより先に、偶然撮影された映像がネットで公開されておりましたが、ロシア語で
場所が確認できず、ちょっと心配しておりました。

2日間ほどニュースにはなりませんでしたが、ようやく確認できました。
当初、ロシアの原発が爆発というショッキングな映像だったものは
6日にロシアの火力発電所が爆発したもの。
夜なのに、ものすごい閃光で核爆発と思ってしまいますが、大規模ショートした光だそうです。
その1日前の5日はロシアの原子力研究センターで本当に火災があり危機一髪だったようです。

今夜も佐渡島で揺れてしまいましたね。

関東および、隣県、隣々県に地震警報が出ておりましたが、これだったようです。
これは私が頼りにしている仙台の地震研究家のおじいさん情報でよく当たります。

それとは違う方が北海道、青森沖で震災級の地震警報をだしていますが、
仙台もおじいさんがまだなのでまだ発震までは時間があるのかも知れません。

まあ、何はともあれ、心の準備は必要です。

震災直後はみなさん結構、小さなリュックに最低限の荷物を担いでおられる方もいました。
装備品の見せっこなどしましたが、、、、
とうとう、私のまわりでは、、、いなくなってしまいました。

私は荷物を減らすどころか、増やしてしまいました。
その結果、重い、重い。
たまに、「重そうなリュックだね」と言われ、中に入れてる、ライトやラジオや防寒具などを公開し、
失笑されますが、、、、
私はあと10年は持ち歩くつもりです・・・・笑
by kouboufu | 2012-02-08 22:48 | ひとり言
<< リフレッシュ休暇 ダカールラリー >>