古時計のパーツ
更新が滞っておりましたが、、、もう明日は12月。
何かと忙しくなりそうです。

先月、都内のかっぱ橋に行ったのですが、(ろくに料理もしないのに)
私の眼に止まったのは、なぜか、やはりこれ↓
f0088022_2092843.jpg

古い時計の中身です。

特に壊れた様子もなく、手で動かすと、カチカチっ、、、動きます。
壁につけて飾ってます。

何だか、とっても歯車好きなので。

実は今日、素敵な奥様たちの集まりの仲間に入れてもらい、
ランチをしてきたのですが、、、、、、
今回のお店、なんと、予約が取れないので有名だそうで、1年待ちでした。
本当は去年に行く予定でしたが、震災などがあり、再び1年待ち。
合わせて、2年前からの予定でした。

お仲間に入れていただいた際には、遥かに先の予定だと思っていたのに、
あっという間に2年もの月日が流れたことに驚きです。

和と洋がセンスよくまとめられた素敵な空間で、器も長年かけて集めた
アンティークを惜しげもなく使っていただき、幸せな時間でした。

我が家の器たちも、格は落ちますが、可愛いものばかりなのですが、
活躍する場面がないので、宝の持ち腐れ。
ちょっとふびんに思えてきました。
もっと可愛がってやらなければ(笑

デジタルの時計もありますが、やはり存在感があるのは昔の柱時計。
カッチン、カッチン、、、毎日、時を刻んでおります。
ネジを巻き忘れると、止まってしまいますが。

2年間があっという間でしたので、1日なんか、もっとあっという間です(笑

次回の集まりの予定は再び2年後に決定。
何も記憶に残らない2年ではなく、中身の濃い2年にしたいなと、
今更ながら、時間の大切さに気づくのでした。
[PR]
by kouboufu | 2012-11-30 20:42 | ひとり言
<< つぶやき 潮工房 小西さんのレースガラス >>