つぶやき

期待はしておりませんでしたが、選挙結果は失望気味で、
気分が乗っておりません。

長年、原発に反対でしたが、最近は周りの主婦にも原発はいらない、
再稼働なんて狂ってるいう意見を聞けることが多くなり、
少しは状況が変わるかと、淡い期待をしてしまいましたが、結果は
原発再稼働したい、自民党の圧勝でした。
外交や、経済問題であれば、民主より、断然自民でも構いません。

ふぅ〜、しかし、どうしたものでしょうか。

静岡にある浜岡原発も予想される津波21mに対し、紆余曲折の後に
22mの防潮堤を再構築して再稼働を目指すようですが、、、、
その前に、頑強な岩盤に建てられるべき原発が柔らかい砂岩の上に建っていたり、、
・・・いくらでも気になることを書き始めたら、心配はつきません。
だから再稼働反対しているわけですが。

最近、やけくそ気味ですし、、私もきっと来るとかは全然信じておりませんので
信じなくても結構ですが、
琵琶湖周辺に巨大地震の前兆が観測されているそうです。
想定される規模はマグニチュード7・8
時期は年末年始あたり。

ハズレることを願っておりますが、琵琶湖の歴史を調べたところ、
世界でも3番目に成り立ちの古い湖であることを知りました。
最初は現在の滋賀県の伊賀あたりにあったのが、移動してきて現在の場所にあるそうです。

長年、近隣の山々から良質の粘土が流れついて堆積し、何万年も掛かって
良質な陶土になり、産出されているわけなのですが、、、、。

琵琶湖の北側の若狭湾は原発銀座と言われ、5箇所もの原発が隣接しております。
防潮堤のないもの、アメリカでは稼働していない、欠陥原子炉と言われる改良前の
マークⅠ型原子炉、トンネル1本しか連絡道がなかったり、重要免震棟がない原発もあります。
最悪とおもわれる「もんじゅ」もこの一角にあります。

琵琶湖周辺では過去に500年に1度ぐらいの感じで大地震が来ています。

そう、賢明な皆さま方は、もう、十分に日本はどこにいても
大地震に襲われる可能性があると認識を新たにされたはずです。

なのに、すでに、大勢の方々が、諦めてしまっている。
いつ、地震が来るかわからないんだから、何もしないし、、、
来たらしょうがない。

それは、そうですね、我が家なんかボロボロの掘っ立て小屋なので、
いくら地震に備えて万全の準備を整えようが、震度5強で全壊すると思っております。
もしかしたら5弱でも危ないかもしれません。

地震で全てを失っても、やり直せばいいんです。
しかし、原発がまた爆発でもした日には放射能で日本終了だと思ってます。

被災された方々には申し訳ないですが、除染は無理でしょう。
チェルノブイリでは25年間、膨大な時間とお金と人力を使って除染を行っていましたが、
無理だったと言われております。

事故が起きた日本では脱原発の道は遠のき、遠いドイツでは脱原発。
(そんなことを言うと、大抵、隣の原発大国フランスからドイツは電気を買っていると
 言われてしまいますが、、、)

そもそも論で恐縮ですが、、、
細かいことは全部省いて、原発の何がいけないかって、
安全に解体も処理もできないものを作って良いわけないでしょう。
現代に生きる人間として。

そう思います。
原発は良くない、だから減らさないといけない。
現在の私にとって脱原発を叫んだところで、特にメリットはありません。
逆にこんなことばかり書いたり、話したりしていると、きっと周りの興味ない人から
みれば、鬱陶しいと思われたり、暇な変人という評価が定番です。
頑張れば頑張るほど、評価が下がる気がしています。

娘や未来の子供たちが安心して暮らせるようにと、思っているだけです。
それが今を生きている大人たちの本当にしなければいけないことなのでは?

チェルノブイリでは放射能の怖さも知らない若い兵士たちが廃炉の作業に
携わったそうですが、福島原発もあわや、手のほどこしようのない状態の
1歩手前で、かろうじて救われたようです。
事故直後は事故処理のため、決死隊のようなものが結成されるなら参加するつもりでした。
(かなり本気です・・・・笑)

なんで、原発は安全だとデマを言っていた当事者が行かないのに、
原発反対していた自分が行かなければならないのか?と思ったりはしますが。

まぁ、そんな感じで気持ちだけは相変わらず空回りです。


だから、のんきに茶碗やらガラスやらを愛でて、平和ボケしている気分に
没頭しかねております。
ただ、毎回、こんな愚痴日記を読ませてしまっても気が引けるので、
できるだけ気分が良い日には楽しいこと書き込めるように頑張りたいと思っております。
今日もありがとうございましたm(_)m
[PR]
by kouboufu | 2012-12-20 22:46 | ひとり言
<< つぶやき その2 古時計のパーツ >>